• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

アクティブなんちゃら

昨日は、息子の通う中学で「評価委員会」なるものに出席してきました。

この中学ではPTAとは言わずP&Tと言います。

そして「名前だけいただければ良いですよ。忙しくはないですよ。」
というまるで新聞の勧誘員のような口調の学年担当の先生の言葉を信じて立候補いたしました。

そして私は学年委員として参加しました。

国立大の先生が委員長で卒業生の親御さんが副委員長で、公立高校のと小学校の校長、そして中学の校長、教頭、事務担当の先生で学校運営と生徒たちへの取り組みにつて話し合うというものです。

取り組みの一つについて横浜国大の先生から質問されたとき「・・・は、なんですか、それ?」

などと言ってしまい大笑いされてしまいました(自分でも笑うしかない)。しかも笑ったのは全員ですぜ。

私がボケをかます悲しい性を持つことは神仏の許しを得た上でのことですので流します。



それにしても先生方は公務員というかなり制約を受けた環境の中で真剣に取り組んでらっしゃると感じ感謝し感銘を受けました。

道場でも参考にさせて頂きますと言って別れましたが、考えさせられました。

私にとっては異業種交流会同様の価値ある時間になり、役員になった事を運が良かったと思えた一日でした。

少年部でもアクティブスクール形式で稽古をしてみるのも面白いかな、と考え中です。


  1. 稽古
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

「ハルと魔法の湖」道場読み聞かせ

ハルと魔法の湖ハルと魔法の湖
(2014/12/25)
斎藤 一人

商品詳細を見る

今週から道場の少年部で読み聞かせ始めました。

取り敢えず月曜限定ですが、まずは一章を2人の姉妹に読んでもらいました。

言葉を変え習慣を変え、自分の人生を豊かに生きようという内容ですが、子供たちの将来にとって大きな力になると思います。

今迄斎藤一人さんが書かれてきた内容な訳ですが、人によって受け取り方が違いますから、勧めたいこちら側としては手を変え品を変えといったところです。

「今」という生きかた (廣済堂文庫)「今」という生きかた (廣済堂文庫)
(2013/04/17)
小林 正観

商品詳細を見る

こちらは斎藤一人さんと交流のある小林正観さんのご著書。

最近私が影響を受けている本の中の一つです。

この本の中に「子供はみんな母親を助けるために生まれてきた」というくだりがありました。

にわかには信じ難いような内容ですが、私は信じてもよいなと思っています。

なるほどと腑に落ちることが有る筈です。特に女性は。

正観氏は生まれる前の記憶があるという22人の子供たちと会って話を聞いたそうです。

そしてその全員が、「上からお母さんを見下ろしていた」と言ったそうです。

ちなみにこの22人はお互いに面識は無いそうです。

そして「お母さんの身方をしてあげたい」「話し相手になってあげたい」「励ましてあげたい」と思いながら見ていたそうで、父親の味方になりたいといった子はいなかったそうです(苦笑)。

正観氏曰く「子供は父親には関心がない」(泣)そうです。

・・・全く酷い話ではありませんかと同情を引きたい訳ではありません。

とても素敵な話だと思いませんか!!

心に余裕が生まれませんか!

叱るときには上手に叱りましょう!私も頑張ります!!




  1. 稽古
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

手裏剣術

今年に入ってから小学生のクラスでも手裏剣術を始めました。

以前も少し行っていたのですが、怪我が心配で用心のため竹串などを使っていました。
今年からは20グラムではありますが本物を使用して稽古しています。

刺さり難かったり、うまく的を狙えなかったりと結果がはっきり見て取れるのが手裏剣術の面白いところです。

二月からは一般部でも、剣術・手裏剣術・琉球古武術を取り入れていきますので、楽しんでもらいたいと思います。

その前に私の技量を上げねば!

日本では手裏剣を打っている女性など見かけませんが外国では投げナイフ!
上手に投げてます。
  1. 稽古
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

稽古の賜物か?動画紹介

面白ろ酷いというか、よくこんな動画がタイミング良く撮れたと思います。

大きな男に携帯を盗られた小柄な女の子が近的蹴りから前蹴りか膝蹴りの連打をして、その後後ろ蹴りで倒しています。
盗んだ男はかなり痛そうですが自業自得です。

良い子は真似しないように的動画ですが綺麗に決まってて拍手です。
  1. 稽古
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

恥かきながらも進化を目指す!

今日から新年度に入りました。

この四月より月謝を値上げ致しましたが、多くの方にご理解頂けましたこと感謝致します。

尚武館での稽古が皆様の心身の健康のお役に立てますように私も努力して参ります。


さて当尚武館では手裏剣術も稽古しているわけですが、なんと日下流のHPに私の動画が載っているではありませんか。

いやぁ、へっぴり腰で顔から火が出るほど恥ずかしいのですが、恥かきついでにアドレスを載せておきますのでご興味が湧きましたらご覧になってください。

打剣距離は二間半から二間(約3m60~4m50)で、剣は四十匁(150g)の日下流八角を使用しています。

この他に稽古では10gの「打ち針」という剣や平野刀剣術で使用する両刃剣も使用します。

八角剣と両刃の剣は四十匁のほかに260gの七十匁や365gの百匁というかなり大きくて重い剣も使いますが、これらの重量剣はに三日の稽古でも畳一枚がぼろぼろになってしまいますので、今は切り株を的に用いた稽古に変えました。

ただし切り株での稽古は剣の跳ね返りが激しく要注意です。

動画です↓
本ページにアップした動画の主は・・・
  1. 稽古
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

手裏剣修行

手裏剣修行にかまけて更新が滞ってしまいました事をお詫びいたします。

政治家の悪口も一休みです。

最もコメントにも値しないような政治状況ではありますが・・・。



今回ご紹介させていただく動画は、日下流近江先生の左右打ちです。

落ちて来た切り株に打ち込むのは大変な難度の高い打ちだと思います。

もう一つは香取神道流の動画です。

6分30秒位のところで手裏剣が出て来ます。





  1. 稽古
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

地獄の極楽寺

110212_0913~0001
先週末は福大の極真空手部OB会で久しぶりに福島詣でを致しました。

OB会後にお世話になった先輩方や三瓶先生にもご挨拶出来ましたが、慌ただしく新幹線で後ろ髪を引かれるがごとくに神奈川に戻らなければなりませんでした。

鎌倉には極楽寺がありますが、三瓶道場の向いにも極楽寺があるのは奇縁であるといつも思っていました。

福島のご本尊は阿弥陀如来様です。鎌倉の極楽寺のご本尊は釈迦如来で、鎌倉には珍しい真言律宗。

因みに鎌倉の極楽寺は行き場のない人達が集まっていたとされる地獄谷というところに建立されました。

福島での稽古は正に地獄谷でしたが、同時に極楽も経験させて頂いた有り難い地獄谷でありました。

何れも弘法大師空海ゆかりの御寺ですし、偶然は無いとも言いますので不詳の弟子である私も師匠の名を汚さぬよう日々精進して参る所存でございます。

さて、今朝の産経新聞には驚くなかれ、「国会で核議論すべき86・7%」とありました。いやぁ頼もしい世論ですなぁ。

今まで私をネオナチのように見ていた空手部のメンバーも少しずつ覚醒して頂きたいものです。



OB諸君へ
君たちねぇ。この初代主将のオレ様ブログ見たら拍手クリックぐらいしなさいな(怒)。


  1. 稽古
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。