• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

討論番組ご紹介

良い年になりそうな予感。

「安倍新内閣と日本の行方」というチャンネル桜の動画をご紹介いたします。

この討論番組も今までは愚痴っ話のような内容ばかりでしたがようやく明るい兆しが見えて来たので討論もかなり明るい雰囲気で進んでいます。

年末のものですが濃い内容で充実しています。

時間の無い方は最後の3/3をお勧めいたします。

今年も宜しくお願い致します!

  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

目出度い結果!

昨夜の選挙速報は興奮しました!

自民党の議席獲得は予想を大きく上回りました。

前回のエントリーで自民党が単独過半数を占めてくれればと書いた後で、自公と書くべきだったかなぁ、と考えましたが要らぬ心配でした。

野党の売国議員落選も助かりましたが、自民党でも力の有った筈の山形の売国議員が落選したのには驚きました。

時代は変わろうとしています。

早速の円安。

83円に多くの円買いが控えていると先週のニュースでは報じられていましたが、どうやらこの価格帯を抜けてしまったのでしょうか。

そうであるならもっと円安の勢いがつきそうです。

三月は日銀総裁が任期を迎えるそうですから、不人気な売国総裁はいなくなり、益々日本経済は潤う下準備が整うことになります。

なんせ日銀人事に口を挟んできた売国議員が落選したのですから目出度い話です。

景気のいい話が続きそうで本当に嬉しい!

腐れ民主党の所為で落選の憂き目にあっていた復活議員の皆さんおめでとうございます!


  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

腐れ外道にも一票を!

前回のブログで「ガイアの法則」という本を紹介しますと書いておきながら、またやりっぱなしになってしまいました。

この本の下巻は現代女性に対してはかなり手厳しい内容ではないかと思い紹介を躊躇っているうちにひと月経ってしまいました。

アマゾンのレビューでは投稿している人たちの気持ちがもろに反映されているようで面白いと思いましたが。

明確な説明が欲しい人や叶姉妹のようなセレブに憧れを抱いているような人達には向いてないようです。

ということで、怖いもの見たさの方はお読みになられては如何でしょうか、という紹介に留めておきます。
(完全に逃げているのが見え見えですがご勘弁ください)



さてもう一つの悩ましい事は今回の衆議院選挙です。

次期総理になる安倍さんを応援したいので自民には過半数を取ってもらいたいのですが、有象無象の腐れ自民の政治家も当選させねばならんという苦渋の選択を強いられます。

当選しても安倍氏に造反するような輩であることは分かり切っている連中をも当選させたうえで彼らに「あんた達が当選したのは如何なる理由に因るか理解しているか」と問いただしたところで民意を理解できる議員はいるのかどうか。

経済政策については産経新聞までが安倍氏の敵に回るというこの現状で、新総理を応援できるのは我々国民しかおりません。

安倍人気に便乗して当選するであろう議員も当選した暁にはどうやって安倍氏の切り崩しを図れば良いだろうかとさぞ悩んでいることでしょう。

もしかすると直ぐに元の戦後体制維持の有り難い自民党に戻ってくれると確信して楽観視しているのでしょうか。



今回は顔も見たくないような奴に敢えて投票しなければならんのではと今は考えておりますが。

あぁ、悩ましい。

今回は愚痴ブログでした。





  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

真贋

デヴィ夫人のブログが政治ー人気ブログの三位に急上昇しています。

大津市の中学生からの投稿などがあったために注目度が飛躍的に上がったようで、この問題に対する関心が如何に高いかを示しています。

政治ブログ二位の「正しい歴史認識」さんのブログでは加害者の中学生とその両親の顔写真まで掲載されているので驚きました。

しかし、刃物で相手を刺し殺した場合と違い、今回の場合は自分の手は汚さずに間接的に死に追いやり、しかも全く悪いと思っていない所は達が悪すぎます。

更生の見込みの全くない連中にも拘らずアンタッチャブルでは、顔写真掲載止む負えないのではないでしょうか。

さて、人気が出て来たデヴィ夫人ブログですが、正直言って他の記事では賛同できないものが多いです。

動物を救え的記事がありましたが・・・。

自然破壊を繰り返す人間が偉そうに言える立場ではないのでしょうが、やはり人間は万物の霊長で有りますから環境を整えていく意味でも害をなす動物は駆逐しなければなりません。

殺されるから可哀そうとただ言うのはおかしな話です。

人間には責任がありますし、だからこそ命を頂く食事でも感謝が必要なのです。

また皇族の問題にもデヴィ夫人は触れていますが、国民が踏み込んで良い領域とは思えません。

皇室問題は皇族の方々がお決めになられる問題です。

私も小和田家については一家言有るつもりですが、かといって国民の側が政治力で皇室の形を変えるなどということは有ってはならないことだと思ってます。

小泉政権時代から有識者会議などと言って皇室問題に突っ込んできた経緯から、国民の中でも触れても良い問題だと勘違いしている輩が増えていることは大いに問題です。

軽薄極まりないデヴィ夫人のブログで若い人達が妙な思想に感化されないように祈るばかりです。

誰もが尤もらしいことが言えてしまう大津市の事件なのでコメントしている人物を見極めなければなりません。

もっとも、行政がしっかりしていればもともとこんな大事にならずに済んだ話ではないでしょうか。

  1. 政治
  2. / trackback:1
  3. [ edit ]

大津市の闇その2

インドのスズキ工場では死者まで出るような暴動になっていますが、どうやらインド共産党毛沢東主義派の連中の関与が疑われ始めています。

当然裏には中国共産党が控えているものと思いますが、余り憶測でものを言ってはならないのでしょうかね。

この日本も土地柄に因っては似たような場所があるようです。

関連サイトと動画を紹介します。

その一、滋賀県大津市の深すぎる闇 | 仕事とNPOと読書の日々

その二「大津中2いじめ殺人事件」の犯人を地域ぐるみで隠蔽する大津市の闇 - まとめとま

その三滋賀大津市いじめ事件の闇

三つ目の記事は2ちゃんねるですが、この中で事件のあった中学の父兄からのコメントがありました。

この中学では韓国語を教えているそうです。

実は神奈川県でも地域に因っては韓国語を授業の中に組み込んでいる学校があるそうですが、一体何の意味があるのでしょうか。

韓国に媚びを売らねばならん輩がいる地域。しかも相当な高い地位にいる人物がいる地域であろうことだけは確かです。

これだけわかりやすいのにその人物に指一本触れられない。

大体、韓国へ行って韓国のデモで一緒になって日章旗を燃やして喜ぶような人物が公安局長になるような今の日本ですから当然かもしれませんが。

国民一人一人の意識の高まりに因って獅子身中の虫を駆除致しましょう!


その四、・・・この人寝ないで頑張ってます!顔見ても一目瞭然です。本当に頑張ってくれている政治家です。
  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

大津市の闇

【中2自殺】いじめ目撃「ほっときや」と担任 - MSN産経west

滋賀県大津市の事件について書きたいと思っていましたが、私も過去にジャイアンだった経験があり、善人ぶって書く訳にもいかず悶々とした日々を送っておりました。

しかし教師までグルになっていたような雰囲気の大津市は「イジメ」といったレベルでは無いのではと思い、記事を探してみました。

因みに私は先生達からはこっぴどく叱られたので今日のような善人に生まれ変わったのでありました(失笑)。


今回産経新聞で「ほっときや」などといった担任は雑誌記者の取材に対しても鼻歌を歌いながら車に乗って立ち去ったという記事を見つけ心底ゾッとしました。

記事は『日本よ何処へ』という瀬戸弘幸氏のブログですが、被害者の通っていた学校の生徒たちや親たちも正直に事件の事を口にすればどのような危害を加えられるか分からないという中で戦々恐々とした毎日を過ごしているようです。

ニュースなどでは大津市の教育委員会が「伝聞だけなので・・・」と言ったことをマスコミはそのまま流していますが、実際には身に危険が及ぶために生徒達が「聞いただけです」という言い方に終始してると言うのが実態のようです。

凄まじいばかりの閉鎖空間。

この空気を醸しだしているのは何なのでしょう。

どういった力が働いているのでしょうか。尋常ではない息苦しさです。

如何に瀬戸氏のブログの記事をかいつまんだかたちで引用させて頂きます。


『大津・中学生いじめ自殺 自殺練習を放置した担任は本誌取材に「鼻唄!」

・7月9日午前6時半、本誌は自宅前で出勤しようとするMを直撃した。

――フライデーです。いじめへの対応について聞きたいのですが。
「んふぅふぅ~、ふふ~ふ~♪」

 驚くことにMは、歩み寄った本誌記者に対して「何も聞こえなーい」とばかりに鼻歌で
 質問を遮ったのだ。

――今回の騒動についてなんですが…。
 「ふふぅふ~、ふふふ~ふ~♪」

 何の曲なのかは分からないが、鼻唄は続く。
 そのまま自家用車に乗り込もうとするので記者が身を乗り出すと。

「敷地内に入らないでくださいね~」

 これが鼻唄以外に発せられた唯一の言葉であり、それきり車は走り去ってしまった―。
 (フライデー7/27号記事より抜粋) 』

『この問題を早くから追及してきたデビ夫人へは、このような救いを求める声が寄せられている。

■デヴィ夫人様へ

女子代表 まや
2012/07/19 23:43
コメントをまだお返事出来ていない方、ごめんなさい。
まずデヴィ夫人に今の本当の気持ちを伝えたいと思います。
デヴィ夫人、助けてください。
私たちは絶対に学校では何も言えません。
毎日びくびくしています。口の中が乾くっていうのは分かりますか?そういう感じがします。
みんな父と母には迷惑かけたくないし、黙ってる子もいっぱいいると思いますがちゃんと両親に伝えている子もいます。
本当に苦しくて、誰を信じたら良いのか分かりません。
みんないつか殺すのは当たり前だと思っていました。だから先生にも泣きながら言いました。
土地の事もあるから、引っ越せないから親同士でもなかなか進まないみたいです。
でもどこに何を伝えて良いのかみんな分からないのです。
私だけじゃなくてちゃんと本当の事を伝える義務があると考えているクラスの友達や、先輩もいます。
どうか、名前も顔もバレないで本当の事を伝える場を作ってください。
私はもうここで電話番号を乗せてもいいと思いましたが、親友が絶対に止めたほうがいいと止めます。でもそれくらいの気持ちです。
私みたいな生徒がいるならと、誰かがまた立ち上がって伝えてほしいです。だから先頭に立つから、あの事を伝えてほしいです。私たちだけじゃ、言った言わないで誰を信じたら良いのか分かりません。
この気持ちをどう表して良いか分かりませんが、ただただ本当に伝えたい。あれは殺人です。
私もすごく怖いけどみんなもどうか本当にあった事をアンケートじゃなくてブログじゃなくて公にしてください。お願いします。
私がこういった気持ちでいるのもどうか広めてください。それが誰か一人でも立ち上がってくれる事を願っています。
デヴィ夫人に電話で話したいです…。
私にコメントをくれた皆様、本当にありがとうございます。私は皆様の応援でまた立ち上がろうと思いました!
色んな嬉しい言葉や励ましや応援、絶対に忘れません。本当にありがとうございます!!

以上』

大津市は以前にも障害を持つ生徒が少年二人組のリンチに因って無くなるという痛ましい事件がありましたが、


マスコミはカネを設ける事が仕事であると思っているらしいので、言っても無駄なのかもしれないが・・・、中には骨のある漢も居るだろうから、きっと真相を暴いてくれるでしょう!!!皆さん期待して待っていようではありませんか!

大津市のような閉鎖地域が、この日本に有ってはならないと思います。

記者諸君の健闘を祈る。

追伸、澤村教育長に関する記事を理解不足のまま転載しておりましたので削除いたしました。大変ご迷惑をおかけいたしました。
  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

ジョーカーゲーム再び

ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る


『在日中国大使館の1等書記官が不正に銀行口座を開設し、ウィーン条約が禁じた商業活動を行っていたことが明るみに出た。警視庁が外務省を通じて出頭要請したが、大使館側が拒否し、書記官は一時帰国した。』

このような行為を許す政治家が日本の舵取りをしていることに不安を覚える、などという純朴な庶民はもう少数派で、殆どの人は「またやってくれたか」程度の反応ではないかと思います。

行為を許してしまったのではなく、促進している連中がいる訳ですから。

それよりも、ここまで来ていたのかと思わせたのが次の記事です。

米の国防は大丈夫か?米軍用機に中国製粗悪部品が大量混入の可能性―上院軍事委 (Record China) - Yahoo!ニュース

100万個を超える粗悪部品が中国から輸入され、それらがすでに軍用機に使用されていたというのですから驚きです。

スパイ天国日本のお株を奪われたかの如き失態。

日本の自主防衛が如何に大切かを思い知らされる記事では有りますが、ここで考えてみました。

やはりアメリカはこの記事に因って日本の自主防衛の気運を高めたいのではないかという事です。

なんせ、未だマスコミは占領軍の監視下にあり、我々は見せかけの自由という閉鎖的言論空間の中にすんでいる訳ですから。

これには騙されたふりをして乗ってみても良いのではないでしょうか。

ここからが政治家の真骨頂が問われる面白い展開になると思うのですが皆さんはどうお考えになりますか。

振り込め詐欺を捕まえるのも騙されたふり作戦が功を奏するそうです。

詐欺師は相手が騙されているのか、それとも騙された振りをしているのか疑心暗鬼になるところが面白いのですよね。

  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。