• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

乖離

あまり政治的な内容のブログは控えて・・・、という意見もあるのですが東巌社もアスレティッククラブではなく道場でありますので危機管理の上からも発信し続けたいと思います。

自分がどれ程立派かはさて置き・・・です。実際、立場のある立派な方は言いたいことも言えずに役職を追われるという風潮ですから、草の根の援護射撃のつもりです。

ただ文章が稚拙な事だけが申し訳なく思いますが・・・。

さて次の文章をご覧ください。



『福田内閣で防衛相を務めていた石破茂農水相の事務所に、神奈川県在住の男性から連絡が入ったのは今年に入ってからのこと。次のような内容だった。

 「私は横須賀にある自衛隊基地や米軍基地が見渡せる高台の土地を所有している。宅地にも商業用地にも向かない場所だが、最近、業者を通じて『売ってほしい』と頻繁に連絡が入る。不審に思って調べてみると、中国やロシア関係者の依頼だった」

 このため、石破事務所では男性から何度か事情を聴いた。男性は「安全保障上の問題があるのでは。私は外国人には売る気はない」と語ったという。福田内閣末期となり、石破事務所は防衛省関係者に事案を引き継いだ。』




正直驚きました。目と鼻の先の横須賀の出来事ですから!
明治の開国以来大陸からの脅威と対峙してきた日本。

ご先祖様たちは必死で戦ってきたのにその子孫である政治家たちは外国の顔色を窺うばかりで国民の生活を危険にさらすことも厭わない。
そんな中、この横須賀の地主さんは立派だと思います。

金にならない土地を買いに来たわけですから・・・しかもこの不景気に・・・さっさと売却しても良さそうなものなのにシッカリと買い手をチェックしていますね。本当に立派です!

この記事をはじめに読んだ時に「国に買い取ってもらったらどうだろうか」と思いましたが、考え直しました。大臣が変わった時点で『国が中国・露西亜に売ってしまう!』かも知れないと思ったからです。
だからこの地主さんが所有していたほうが国民としては安心。まぁ冗談じゃ無い冗談ですが。

国籍法改正案で座長をつとめた議員のブログは一斉攻撃されていますが、政治家と国民の意識がかけ離れていることに気がつかない議員は早晩バッジを外さざるを得ない世の中になるでしょう。

「いやいや、君ぃ、それが政治ってものだよ」と国民や立場が下の者に威張り散らし、外国の腹黒い政治家の前ではヘイコラしていた議員達。 

退場したまえ!!って言いたいですな。

この横須賀の土地問題の記事は↓こちらで知りました。
横須賀基地を見下ろす高台を露・中が買収画策

なおこのブログのコメント欄にも興味深い書き込みがありますのでご覧になってください!

おまけ
こんな時に何故中国最大手の加工食品会社に700億円も出資するのだろうか、「伊藤忠商事」。
中国の加工食品、買いますか?

それとも外食系で使うのでしょうかね。

日本の農家に出資してという考えにはならない訳か。
日本の農家を応援しましょう!!
農業は有望ビジネスである!―新たな高付加価値産業になる時代農業は有望ビジネスである!―新たな高付加価値産業になる時代
(2007/01)
涌井 徹

商品詳細を見る

スポンサーサイト
  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。