• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

畏れ多い先祖の叡智

熊本での地震で被害を受けられた方々が、一日も早く元の生活に戻れますようにお祈り申し上げます。

今回の地震の被害の中でも熊本城の瓦が崩れ落ちた写真を見て驚かれた方は多いと思います。

私もその一人でしたが。



日本三大名城として大阪城、名古屋城と並び称される熊本城。

虎退治でも有名な猛将加藤清正公の名城であります。



そんな堅固な城でもとショックを受けた私たちですが、実は古の建築技術は素晴らしい叡智が表現されていたものでした。


台風や地震の多い土地で強風から建物を守るために重い瓦を利用し、小さな揺れではその重さによって建物を安定させ、大きな地
震では重しとなる瓦が滑り落ち建物の重量を軽くして潰れることを避けるという叡智。

瓦解という言葉もここからきているそうです。


こういった叡智の積み重ねで日本は今日まで歩んで来たのかと思うとご先祖たちに感謝と畏敬の念を禁じ得ません。


あらゆる技術がこうした叡智の結集によって積み重なっているのでしょう。


日本文化を大切にしたいと思うのは私だけではないでしょう。
説明動画をつけておきます。
スポンサーサイト
  1. 歴史
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。