• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

恥かきながらも進化を目指す!

今日から新年度に入りました。

この四月より月謝を値上げ致しましたが、多くの方にご理解頂けましたこと感謝致します。

尚武館での稽古が皆様の心身の健康のお役に立てますように私も努力して参ります。


さて当尚武館では手裏剣術も稽古しているわけですが、なんと日下流のHPに私の動画が載っているではありませんか。

いやぁ、へっぴり腰で顔から火が出るほど恥ずかしいのですが、恥かきついでにアドレスを載せておきますのでご興味が湧きましたらご覧になってください。

打剣距離は二間半から二間(約3m60~4m50)で、剣は四十匁(150g)の日下流八角を使用しています。

この他に稽古では10gの「打ち針」という剣や平野刀剣術で使用する両刃剣も使用します。

八角剣と両刃の剣は四十匁のほかに260gの七十匁や365gの百匁というかなり大きくて重い剣も使いますが、これらの重量剣はに三日の稽古でも畳一枚がぼろぼろになってしまいますので、今は切り株を的に用いた稽古に変えました。

ただし切り株での稽古は剣の跳ね返りが激しく要注意です。

動画です↓
本ページにアップした動画の主は・・・
スポンサーサイト
  1. 稽古
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。