• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

消費増税反対!!

祝意を表すには遅きに失した感がありますが、桜木紫乃さんの直木賞受賞をお祝いいたします。

著書「硝子の葦」を読んでいるときに受賞を知りました。

受賞作の「ホテルローヤル」は既に読んでいましたが、この二つの作品は間接的に繋がっていたので、想像が拡がり、楽しく読めました。

ごくごく日常的な事柄に考えさせられるものが多くて女性ならではの繊細な作品なのかと勝手に解釈しています。

ドキドキはらはらさせられるものではなく、ましてや私の好きなハードボイルドタッチなものからは遠い作品です。

この手が好きになるのも歳の所為ですかね。


お隣の大陸と半島にも繊細な文化はある筈なのに、政治と文化にギャップがあるということで無理やり自分を納得させています。

しかし最もギャップがあるのは日本ですから、こちらは無理やり納得する訳には行きませんね。

今年に入ってからは徐々にではありますが、そのギャップも埋まりつつあります。

まず手をつけるべきはデフレギャップ克服のための目標インフレ率2%な訳ですが、そのためには何としても来年四月からの消費税増加は阻止したいものです。

今まで人気のあった麻生財務相ですが、完全に官僚に取り込まれている様子です。

国内の問題を国際公約だからというのは本末転倒ではないでしょうか。

天皇陛下のご予定よりも周近平の予定を優先するに等しい!とまでは思いませんがかなりそれに近い考え違いをしているのではないでしょうか。

是非とも国民世論を増税反対で盛り上げていきたいものです。

消費税に対しては色々な意見が聞かれます。

感情論的なものまでいろいろですが、まず我々が考えるべきはインフレ時の金融引き締め政策である増税を今行なえばアベノミクスは完全に腰砕けになるということです。

景気回復が軌道に乗ってこそ日本を取り戻すための政策が打てるということを心しておきたいものです。
スポンサーサイト
  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。