• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

中国崩壊は今年始まる?

徹底解明!ここまで違う日本と中国―中華思想の誤解が日本を亡ぼす徹底解明!ここまで違う日本と中国―中華思想の誤解が日本を亡ぼす
(2010/07)
石 平、加瀬 英明 他

商品詳細を見る


ブログでは書ききれない程の情報が詰まった本でした。

この本の最後には清が100年前に行った国際博覧会(1910.6南京)の一年後に孫文の辛亥革命が起こり、清朝が崩壊したという事が書かれていました。

奇しくも上海万博後。ジャスミン革命はチュニジアから支那大陸へと影響を拡大しつつあります。

年間2万件にも渡る抗議デモを鎮圧し続けた共産党政府が「デモ鎮圧に自信」などと発表した事がマスコミで流されると確かに自信があるかのように受け取ってしまいます。

ところが産経新聞によりますと人口10万人に対しての警察官の人数は日本では200人。

イタリア、メキシコのような治安の不安定な国で500人。

ところが支那ではナント1500人もの警官が居るそうですが、支那国内で2100万人居る警官を更に120万人増員するつもりのようです。

またお隣の韓国では既に政府が貯蓄銀行6行に対し停止命令を出し、更に5行が停止命令を受ける可能性があるとチャイナネットで報じられています。

絶好調に思える「サムスン」でさえ特許料の不払いが500件を超え、総額何兆円の賠償になるか見当もつかないという事態だそうで、テレビなどの情報は一切信頼性がありません。

日本の財界も影響を受けるのは必至です。

こんなときにTPPなんてとも思いましたが、アジア危機がTPPを見送る機会になってくれるかも知れませんね。

中国共産党政権が崩壊すれば狼狽する輩もいるでしょうが、チベット、東トルキスタン、内モンゴルなど独立に向けて動き出せるでしょう。素晴らしい事だと思います。

チベットの女性はチベット人の男性とは結婚できないそうです。

個人の結婚について親がうるさく言うのは兎も角、共産党政府が管理するなんて怖ろしい国であります。

日本が多少不景気になろうとも、将来は独立したアジアの国々と民族の平和と幸福の為に好い仕事が出来ると思えば、一時的な景気悪化は我々日本人は受け入れるほうが良いのではと思ってしまいます。

諸外国とはフェアなお付き合いが始まる訳です。

日本の科学力と文化力を持ってこれからの若い人達は世界に貢献できます。

これまで以上に影響力を強めた日本が、隣国に無理難題を押し付けるような行儀の悪い国に「恥」の概念を教えてやれる機会が生まれる訳です。

目出度し目出度しの世界をつくれるのは日本以外には断じてありません!

その日が来ると信じて日本人皆で力を合わせて頑張りましょ!!

それが命を的に戦って下さったご先祖様達への何よりの供養であります。





スポンサーサイト
  1. 書籍紹介
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。