• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

小心者の大盤振る舞い

今日発売された週刊新潮の記事。

「警視庁捜査一課長を失脚させた女性スキャンダル」とありますが、どうもある捜査を妨害する為に大物議員が暗躍しているそうです。

つまりこの捜査一課長さんは罠に嵌められたという事です。

詳しくはこちらのブログを警視庁捜査1課長左遷と押尾事件の相関関係 | 日々坦々#comment#comment

こんなことを相変わらず自民党議員はやっている訳ですな。オゾマシイ、これが我が国の小心者国会議員の姿です。悲しくなりますわぃ。

私はこの捜査一課長さんを応援したいと思います!

また、こちらは警視庁通訳捜査官の坂東氏がタマタマ見つけてしまったというスクープ。

今の地方行政の在り方なのですが、簡単に云いますと「日本で働いている外国人が本国に居る子供たちに、一人当たり一万数千円を行政から毎月支給される制度。子供達は養子であっても可!何人いても可!」

・・・どう思います。

実際、今支給されています。

この事実を荒川区議会議員の小坂英二氏が議会で追及したところ、自民党の議員たちはへらへら笑いながら聞いていただけだったそうです。

誰だ!こんな連中に投票した荒川区民は!

小坂氏には是非とも活躍して頂きたいものです。

国会議員になって欲しい!!!

詳しくはこちら

荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感: 子供手当の海外流出・組織犯罪化の危険性についてテレビで説明
スポンサーサイト
  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。