• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

「発酵」と「腐敗」

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方
(2007/08)
寺田 啓佐

商品詳細を見る


本文から引用
『「発酵」とは、味や香りを変化させながら、腐ることなく熟成させていくものだ。確か、発行と腐敗のメカニズムは同じではなかったか?どちらも、さまざまな微生物やそれらが生産した酵素の働きによって有機化合物が分解され、別の物質を作り出す現象を言うはずだ。
けれど、そこでできた物質が、人間にとって有益なら「発酵」と呼ばれ、有害なら「腐敗」と呼ばれる。』


保健所の指導通りに塩素で蔵の中を消毒してきた蔵が、同じように自然の力で発酵させる酒を造ろうとしたが発行がスムースにいかないという話や、清潔を望むあまりに病原細菌が暴れるのを防いでくれる皮膚常在菌まで殺してしまっているという話など目からうろこの話が満載の有難い本です。

微生物の世界ではそれぞれが自分の持ち場を守り共生しているそうですが、人間の共生にはまだまだ時間がかかりそうです。

人間はこれをやっては結局自分が損をするのだという体験をトコトン経ないと共生には至らないのでしょうか。

さて週末は衆議院選挙です。
絶対にこの政治家だけは当選してほしくない!というのが目についてばかり。

しかしそういう輩に限って当選してしまうんですよね、悲しいかな。

ところが微生物の世界では悪玉菌もある程度必要なのだそうです。何かとても宗教的なスケールの大きな話です。

考えも熟成させることができれば「発酵」となり、気分的にも腐ってしまうような考えに陥れば「腐敗」となるわけで、捻くれているのを「腐る」と表現しますが、よく言ったものですな。

矢張り捻くれたり拗ねたりやっかんだりは人にとって有害な物質を作り出してしまうのかも知れません。

腐らず日々張り切って参りましょう!

スポンサーサイト
  1. 健康
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。