東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

親日国 前代未聞の『感謝デモ』

感激のあまり泣けてくる動画をご紹介いたします。

陸上自衛隊が如何にイラクで活躍し感謝されたかというものですが、テロップが流れますので消音でも安心して観れます(笑)。

ただ仕事中に涙目になったことを周囲に気付かれ無いように。

関連動画では「親日国トルコ」という物もありますが、この中で日本語での弁論大会に優勝した女性は「仕事で色々な国に行きますが、日本に行くと別の国に来たという感じがしない」と話しています。

120年前のエルトゥールル号の恩を忘れないような人たちですから、トルコ人は日本人とメンタリティーが近いのでしょうな。

60年前に敗戦の焦土から立ち直り経済大国になった日本は復興を目指すイラクにとってはもちろんですが、戦争などで疲弊しきった国々にとってはお手本になっているようです。

誤解を恐れずに言わせて頂くと長い目で見た場合、もしかするとこの為に日本は一度負けておく必要があったのかも知れません。

しかし、現在勢力を拡大している中国が世界のルールを決めるような事態になれば、今以上に苦しむ人たちが世界中にあふれる事でしょう。

そのためにも日本は再生しなければならないと思います。

学力低下が懸念される日本の学生よりも猛勉強をしてきた優秀な中国人学生を採用すると言って憚らない企業がいくつもあるようですが、これらの気がふれたとしか言いようがない経営者たちは早晩手痛いしっぺ返しを食う事になるでしょう。

日本の若者達はなかなかどうして捨てたもんじゃぁありませんぜ。









  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]
スポンサーサイト

暴力装置発動?!

朝鮮半島では本物の「暴力装置」が作動しました。

世の中には美しい話やら楽しい出来事も沢山あるでしょうにどうしてこのブログはいつもいつも不機嫌な内容になってしまうのか。読んでくださる方々に申し訳なく思います。

砲撃を受けた韓国の大統領は解決の目途も経たないうちから「反撃はしない」というような内容の言葉を漏らしてしまいましたが、これは北朝鮮にとっては待ってましたの反応です。まずいす。

日本の閣僚たちは「この支持率低下のこの時期に余計なことしてくれるよな」という態度が見え見えの答弁ばかりです。

拉致問題の解決に向けて切れるカードを模索する、なんて政治家は何人いるのでしょうか。

朝鮮高校の授業料無償化を止めざるを得なくなったのは世論を恐れた結果ですから左巻き民主党の連中にとっては泣きっ面に蜂です。

もともとやる必要の無い事を決めてしまっていた訳ですから、このタイミングで引き下げるのは彼らにとっては最悪ではないでしょうか。

案の定左巻きマスコミでは「子供達には罪は無い」とか、言いだしています。

しかし、政治家とマスコミの反応を見ていますと政治家のほうがより世論に敏感で、マスコミは全く気にしていないようにも思えます。

つまりマスコミを使って政治を変えようと思うのはどだい無理な話で、世論をデモなどを通うして直接政治家にメッセージをおくったほうが効果があるという事です。

今までは市民活動家といった左翼の連中と宗教教団のみが動いていましたが、随分と世の中も変わってきたものです。

道場にもデモに参加しているメンバーが数人おりますが、たぶんこの道場以外にもいろんな地域で活動されている武道関係者も大勢いる事でしょう。

頼もしい限りであります。

日本人の為の国と心を取り戻すために。

全国の同志の皆さん!互いに頑張りましょう!



  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

真の「犯人」とは誰なのか(怒!)

昨日、尖閣映像流出で海保職員逮捕というニュースを知ったのは稽古に来た中学生からでした。

中学生ですら憤りを隠せない程の問題はどういった結末で締め括られるのでありましょうか。

技術情報などの管理の杜撰さを指摘する向きもありますが、今回に限って言えばもともと公開されてしかるべき情報でしたから、「流出」だと騒ぎたてる程の問題では無いと思います。

寧ろ隠蔽しようとした政治の側が裁かれてしかる問題ではないでしょうか。

情報管理に於いては最近も色々と流出事件がありましたので今回の問題とは別に真剣に取り組んでいくべきことだと思います。

政治家も官僚も長い間危ない橋は渡らないという仕事にどっぷりと漬かってきた事に対してとうとう一国民がわが身を挺して立ち上がったという英雄行為ですから、私は称えこそすれ責めようなどとは少しも思いません。

長野の聖火リレーで中国共産党から招集を掛けられた支那人大学生達が暴行を働いたにも拘わらず抗議をした日本人を警察が拘束した事などは尖閣問題の予兆を孕んでいました。

その大学生たちは日本からの資金援助で生活しており、日本の学生たちの奨学金のように返済する必要が無いのです。

しかも彼らはその資金は中国政府から出ていると思っているらしく、馬鹿馬鹿しい話です。

そこまでするには誰かが得をしている構図があるからです。

中国だけが得をする話であれば、成り立たない話であります。

尖閣映像流出の犯人捜しをする暇があるならこちらの極悪な犯人を炙り出すことこそが本来マスコミや政治家の仕事ではないでしょうか。

最近では保守のデモ行進などが全国的に広がりを見せていますが、政治を動かすのは国民であるという意識が国内に徐々に出来あがってきたのではないでしょうか。

我々家庭を支える立場の者にとっては日々の生業こそが大切なことであり、子供の教育と躾も義務以上のものでありますが、それらを全うし、支える為にも政治には日ごろから関心を示している必要がありそうです。


追伸!むかつきついでにもう一つ。
政治家が立候補したり法案に反対したりするときに、やたらと戦国時代の大名を気取ったり、維新の志士を気取ったり、はたまた何々の陣だの乱だのという表現を使いますが、マスコミが好きで使っている部分もあるのかもしれませんが、あれはやめて頂きたいものです。

本当に解決しなければならない拉致問題や領土問題からは逃げまくっておいて、内輪の喧嘩で大騒ぎしてたいそうな事をやっている気になっている政治家とマスコミの連中。

気取った言葉を使う前に「日本核武装」とテレビの前で一言仰ってみては如何かな。


ideさんコメントありがとう御座いました!
  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

ミトコンドリア力という福音

人が病気になるたった2つの原因 低酸素・低体温の体質を変えて健康長寿!人が病気になるたった2つの原因 低酸素・低体温の体質を変えて健康長寿!
(2010/07/28)
安保 徹

商品詳細を見る


人のエネルギーの造り方には①酸素を使わないもの②酸素が必要なものの二種類があり、この二つを理解することによって病気の原因から人としての生き方までが解る!と豪語している書籍であります。

産経新聞にも昨日、
ミトコンドリア力に脚光 活性化が「若返り」の鍵 (2/3ページ) - MSN産経ニュースという記事が掲載されていましたが、②酸素が必要なものがこのミトコンドリアに当たります。

この本の著者安保徹氏は最近の女性の冷え症についてや子供の偏食についてなどをミトコンドリアの立場(?)から解説されていてとても面白い本でした。

人としての自然とは何か?という問いに大いに答えてくれる本だと思います。

産経新聞の記事で解説されている方は「ミトコンドリアの力」の著者太田成男氏で、ミトコンドリアは認知症やアンチェイングと深くかかわるものとしています。

ミトコンドリアを活性化させる方法としては、①持久力系の運動をする②背筋を伸ばし好い姿勢を保つ③寒いところで寒さを感じる④空腹を感じてエネルギーの枯渇状態をつくる。
という事だそうです。

細胞単位での研究が、人としての自然な生き方に大きな示唆を与えてくれたことで、自分にとっての生き方や自分にとっての自然という事について考えてみるよい切っ掛けになってくれるのではないかと思い、書籍の紹介と新聞記事を紹介してみました。

やはり人は誰もジッと動かずに考え続けるより、体を動かしながら考えたほうが良さそうですね。

  1. 書籍紹介
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

追突!

八幡宮での演武会について書かなくてはと思いつつ、飛び込んでくるのは不愉快極まる政治経済のニュースばかり。

とうとう尖閣での衝突の日らしき動画まで流出しましたが、衝突部分は移っていませんでした。

ユーチューブは早速に削除されたようで私はニコ動で観ました。

・・・とここで衝突動画アップしているブログがありました!


どうやらこれは二度目の衝突場面。詳しくは『近野滋之・民族主義者の警鐘』さんでどうぞ。



中国がらみでは国内外でおぞましい事件が多すぎるのでもう書きませんが、一体何人の犠牲者が出れば日本人は気がつくのでしょうか。

平成の上海事変など起きて欲しくはありませんが、昭和もそこに至るまでに多くの犠牲者を出した事件が多く発生していましたが、散々工作を張り巡らされた後で怒って戦争だ!なんて言ったって勝算は有りや、という話です。

演武会では「皆さん政治に関心を持ってくださ~い」なんていっちまいましたが、関心を持つほどにブログの内容は不愉快極まりないものになるのは皮肉であります。

次のエントリーではなるべく楽しい話題にしたいものです。

追伸、今朝も逗子駅では市長様がビラを配っていなすったが、ビラの題はいつも「地球市民」。
神奈川県内で一番借金を抱えている市が逗子市だというのに大丈夫かね、この人。


  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。