東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

支那の自爆!?

中国のSLBM実験失敗、発射した潜水艦に落下=台湾紙 | Chosun Online | 朝鮮日報

中国はロケット発射実験で91%以上の成功率を誇っている筈ですが、人民解放軍の技術レベルには相当なムラがありそうです。

インド洋で日本に代わって人民解放軍が給油活動を行うつもりらしいですが、我が国の自衛隊以外でこの給油活動をスムーズに行えた例はあまり無いそうです。

日本人の職人魂に匹敵する仕事を支那が行えるとは考え辛いです。

やはり日本がやってくれ!と諸外国からの要請があるのでは、と考えてしまうのは希望的観測に過ぎないのでしょうか。


  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]
スポンサーサイト

メタンハイドレートその3

「小沢事務所に渡す裏献金1億円用意」 水谷建設元経理担当が供述 (1/3ページ) - MSN産経ニュース

↑この記事の様子から、汚沢逮捕は時間の問題となってきました。

もし逮捕が決まった時には提灯記事に終始したマスコミはどんな報道をするのでしょう。

たぶんコロッと手のひらを返すのでしょうが・・・、浅ましい限りです。


衆議院予算委員会で国交相の前原氏が自民党の町村氏に逆切れしたそうですが、本当にカネのない自民党はカネの切れ目が縁の切れ目で、何を言っても相手にされません。

日本の資源であるメタンハイドレートも実用化に漕ぎ着けたところで、利権に群がろうとする企業や政治家が食い荒らす可能性があります。

それが今までの政治であり、汚沢、鳩山のカネの問題は戦後から引きずってきた日本の政治家たちの姿です。

資源を国民の為に有効利用するためには、今までの外交や国防の意識では土台無理な話です。

政治家はもちろん、我々国民が意識を改めなければなりません。

日本が自国の資源によって潤えば、支那や韓国に媚びるような政治家や企業は徐々に減っていくでしょうし、柔らかな鎖国状態は日本の文化を高みへと導いてくれるのでは、と期待してしまうのは私だけでしょうか。

そして大東亜戦争後にアジア諸国が次々と独立していったように、現在中国に抑圧されている国々も、その頸木から解放する手助けにもなります。

六道輪廻の世界を生きる人間なので一朝一夕にはいかないにしても、少しずつ前進したいものです。
小考「メタンハイドレード」 博士の独り言
  1. 環境
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

メタンハイドレートその2






  1. 環境
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

資源大国日本

アンカーと言う番組では、青山繁晴氏が検察の中に汚沢一郎に捜査情報を流している検察幹部が居ると言っています。

由々しき問題であると同時にこれが今日までの日本の政治の姿なのでありましょう。

しかし大方の検察官は正義を信じて闘っている訳ですから、必ずや売国議員に勝利して欲しいと思います。


領土問題、防衛問題、外交は全て国内問題とは切り離せないものであるにも関わらず、あたかもそれらが関りあいを持たないがごとく、妙なイデオロギーを振り回し善人気取りのマスコミと政治家達。

動画がつけられるようになるまでしばしお待ちいただきたい話題の一つにメタンハイドレート - Wikipediaの問題があります。

日本が潜在的資源大国であることは十年以上も前から世界の科学者の間では常識らしいのです。

何故、潜在的・・・、なのか。

それは政治と学者、そして現在のエネルギー資源に利権を持つ者たちにより封印されているからだという話です。

これも青山繁晴氏の体を張り身銭を切った取材で明らかにされました。
政治の正しい力で日本のエネルギーは格段に安くなり、家庭も企業も一斉に潤い、海外に出て行った工場も国内に戻り、内需は拡大します。

そして日本の友好国には資源を供給し、貧しい国にも援助の手をさしのばしてあげられます。

但し、汚沢のような政治家が利権にしてしまえば同じことの繰り返しです。
手をさしのばした先の国に利用され、現在のように大きな顔をされるだけです。

政治家を選ぶ有権者の良識が試されます。



以前、櫻井よしこ氏が週刊新潮で、このメタンハイドレートに対する否定的な記事を書きました。

しかし青山氏はこの記事が出た後で直接櫻井氏と面会し、ご本人に全くの誤解である旨を説明したところご理解いただけた、と話されています。

どんな否定的な内容かと言うと、これが・・・早い話人類滅亡説・・・。

つまりメタンハイドレートを採取するようなまねをすれば二酸化炭素が急激に増大し、人類は皆窒息死するぞ!
と脅しているのです。

保守の中でも人気の高い櫻井よし子氏を学者たちが取り囲むようにして記事を書かせたわけか!?と疑いたくなるような代物です。

社会的地位も財産もあるだろうと思われる学者さん達が・・・、いい歳して恥ずかしい。
たぶん櫻井さんとは私たちよりも年齢が近い世代でしょうから、尚更恥ずかしいですな。

学級委員の女の子を利用するような話で胸糞悪ッ!・・・軟弱爺共恥を知れ!



こうまでしなくてはならない理由が一体何なのか。

浅ましいのは汚沢一郎だけではないという事ですな。

国内の景気やら働くお母さん方の為に、といった綺麗事は全て目くらましです。

湾岸戦争時に多国籍軍に拠出した莫大な税金もどう使われたのか未だに分かっていません。

今回出所不明で捜査されている汚沢一郎のカネは、この湾外戦争時の拠出金のキックバックではないかともある筋ではうわさされています。

テレビや新聞が信頼に足る記事を書いてくれる日は訪れるのでしょうか。






  1. 環境
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

センター試験?

センター試験に「外国人参政権容認」?の設問 (2/2ページ) - MSN産経ニュース

受験生たちが真剣にテストに取り組んでいるというのに、ふざけた問題を出されたんじゃぁかないませんな。

ナント正答は、、「衆議院議員選挙において、小選挙区で立候補した者が比例代表区で重複して立候補することは禁止されている」という明白な誤りの記述で、外国人参政権に関する選択肢は「誤りではない」という事らしいですが・・・。

一部で憲法違反を指摘する声がある中で、出題すること自体が不思議です。

護憲派が黙っているのが笑えます。

この出題も『天の声』という奴があったのでしょうが、出題までには随分日数もあった筈なのに阻止できる人間がいなかったという事は今の政治の有り様を見せつけられた気がします。

小沢一朗がもし逮捕でもされるようなことがあれば、次第に政界再編へと動いていくのでしょうが、検察はどこまで頑張れるのでしょうか。

そして日本の財界人も『google』をちったぁ見習って欲しいもんですな。
  1. 教育
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

格差

「借りたカネは返すな!」著者ら所得隠し指南容疑で逮捕 さいたま地検 - MSN産経ニュース

数年前に亡くなられたナニワ金融道の作者・青木雄二氏も推薦していた書籍です。

帯には「返せないのは犯罪ではない!」と書いてありました。

最近は給食費を払わない親が居ると聞きますが、総理大臣が脱税でお咎めなしの我が国でありますので、モンスターペアレンツの事を政治家は責める立場には無いということでしょうか。

しかし、「返せない」や「払えない」には多少同情票も集まるでしょうが、「返さない」「払わない」はたとえ給食費であっても十分問題ではないでしょうか・・・。

約束は守るものだという事を、この不払いの親たちはどう子供たちにおしえるのでしょう。

それにしても、本を出版しただけで捕まる作家がいれば、脱税しても捕まらない政治家がいる。
そしてあこぎに私腹を肥やして国民を顧みない政治家。

国民に選ばれた総理と党幹事長ですが、それでも未だに国民は政治に関心を持たないことの怖ろしさを分かっていません。

いや、もしかすると自分では分かったつもりでいるのでしょうか・・・。摩訶不思議な国、日本です。

  1. 教育
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

子供用アクセサリーからカドミウム検出

中国製子供用アクセサリーから発がん物質カドミウム―米国(Record China)

我が家の息子は当然アクセサリーには興味がありませんが・・・、娘さんのいらっしゃるご家庭はご注意ください!
  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

受信料収入伸び悩み、連続赤字…NHK予算案 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

散々ねつ造報道を繰り返し、現在も懲りずに国益を損ねる報道を続けている懲りないNHKが赤字になるのは自業自得であります。

単なる民主党の神輿である首相から汚沢幹事長をはじめとする恥知らずな政治家たちと中国詣でをした財界人たち。

自分たちの利益を考える余り、国内の不況を拡大させてしまいました。

なんとか優秀な官僚たちが支えているのが我が国の現状なのでしょうか。

武器輸出三原則を取り払っただけで国内の多くの企業は潤う筈ですし、時間はかかるでしょうが日本が紛争解決に一役かうことも出来るのです。

国産戦闘機一機を製作することだけで国内6000社以上が潤うとされています。

此の事が他の産業に及ぼす影響も大きい筈です。

政界も財界も拡大していくかに見える中国が恐ろしく、その茶坊主になっている汚沢一郎に頭が上がらないのでしょう。

幕末に詠み人知らずのこんな狂歌がありました。

『泰平の眠りを覚ます上喜撰〔ジョウキセン蒸気船〕
     たった4杯〔隻〕で夜も寝られず』

上喜撰とはお茶の銘柄です


現代は2チャンネルでこんなことを書く人がいます。(2チャンは才能の宝庫です!)

『日本には謎の鳥がいる。その正体はよく分からない。

 中国から見れば、その鳥は「カモ」に見える。

 アメリカから見れば、その鳥は「チキン」に見える。

 日本国内では、その鳥は「サギ」だと思われている。

 でも鳥自身は、自分のことを「ハト」だと言い張っている。


 個人的な意見だが、私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。
                          (出典:2ちゃんねる ニュー速+)』


わしズム、なんて雑誌を出していた漫画家も女系天皇容認論ですし、困ったものです。

  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

剣術

井桁術理の発見までに甲野先生がかなり影響を受けたと思われる振武館の黒田鉄山先生の映像。

久しぶりに映像で拝見しましたが、速い動きです。

力任せに振る棒術では短い柄物であっても、とても対応できないのではと思わせる迫力があります。

  1. 稽古
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

国民新党へエールを・・・!

亀井静香公式Webサイト

亀井静香の公式WEBご意見フォームです↑

この際、此の男を応援しようではありませんか。苦肉の策であります!
  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

造られた差別

いよいよ外国人参政権の問題が本格的に動き出しました。

ここでとても興味深いブログをご紹介いたします。

一灯照隅 万灯照国 : 小沢一郎の親父とは友人で一緒に日本国籍をとった

一部引用
「・・・この話を読んで大変感銘を受けた。その人の勇気と判断力に感動したことに加え
在日韓国人を最も食い物にしているのは韓国政府であるという説が本当なのだ
と確信した
。昭和21年に戦後日本国籍を失った旧日本人に本人が希望すれば無
条件で日本国籍を与える法律を日本政府が国会に上程しようとしたとき、当時の
李承晩韓国大統領がGHQに猛反対して、GHQに日本政府が法案上程すること
を止めさせた。
韓国政府にとって、日本に日本を恨む韓国籍の人間がいることが大きな利益にな
と考えてのことである。
嗚呼、なんたる残酷さ。」

引用終わり


在日韓国人が怨むべきは日本ではなく韓国だ、という事になります。



インド洋では自衛隊が引き上げ、その後の補給活動には人民解放軍が名乗りを挙げています。

インド洋上での活動撤収は初めから此のシナリオが出来ていた訳です。

今まで自衛隊が国際貢献をして諸外国から最も高い評価を受けてきた活動であったにも拘らずあっさりと汚沢という国籍不明人が人民解放軍の野戦司令官となって手渡してしまいました。

日本の歴史の中で天皇の地位を脅かすような人物は何人も現れましたが、支那大陸に売り渡すべく暗躍したような人物は汚沢一郎が初めてではないでしょうか・・・。


彼の晩年は多くの日本人やその他の国の人間にとっても大きな教訓になることでありましょう。

そしてキリスト教のオジサン達が湘南の砂浜で「あなたは、神の存在を信じますか!?」と毎年喧しくマイクで布教活動をせずとも、皆が神の存在を知ることとなりましょう。

ー惟神ー  








  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

ブルー・ゴールド それでも飲める?ペットボトルの水!

強調文映画『ブルー・ゴールド-狙われた水の真実』公式サイト
石油戦争から水戦争の時代へ・・・それでもペットボトルの水を飲みますか!?


ドキュメンタリー映画をご紹介します。

中国が日本の水源地を買収している話は以前ご紹介させていただきましたが、現在米軍が世界中の水源地を買収しているという話が出て来ます。

元大統領のブッシュ、そしてその取り巻きもかなりの広大な水源地を既に購入しています。

近い将来は「水」が投資対象として浮上して来れば、商品先物で「水」なんてのが新たに加わったり・・・、そうなったらもう世も末です。

地域によっては水よりもコーラのほうが手に入りやすいので、水の代わりにコーラを飲むしかないというような、我々日本人からすると笑い話のような現実がありますが、遠く無い将来に日本もそうならないとは限らないのです。

投機対象となった水はペットボトルで海外に輸出され、水源地の貧困層は水の無い生活を強いられます。

せめて我々日本人が外国産のペットボトルのミネラルウォーターの購入を控えることで貧困層への水不足の解消に歯止めを掛けたいものです。

そして以外に知られていないのは日本の水不足です。

これは現在農地が少ないためになんとか水不足にならずに済んでいるのですが、そのために国内の自給率は低いままです。完全に自己撞着に陥っています。

一人当たりの日本の降水量率は、世界平均でみると約半分しか無いそうです。

当たり前のように存在する水ですが、実は深刻な問題を孕んでいます。

我々はこのような問題を興味本位で話題にするのではなく、一人一人が政治に関心を持つことによって解決していけるのだという意識を持つことが大切なのだと考えさせられました。




  1. 政治
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

平成22年(2010)

明けましておめでとうございます。


「助け合い困難克服を願う」天皇陛下のご感想(全文) - MSN産経ニュース

全文引用させて頂きます。
『「助け合い困難克服を願う」天皇陛下のご感想(全文)
2010.1.1 05:03
 昨年は、引き続く厳しい経済情勢の下で、多くの人々がさまざまな困難に直面し、苦労も多かったことと察しています。

 新しく迎えたこの年に、国民皆が互いに助け合い、励まし合って当面の困難を克服するとともに、世界の人々とも相携え、平和を求め、健全な未来を築くために力を尽くすよう願っています。

 本年が、我が国の人々、また、世界の人々にとり、良い年となることを祈ります。』
以上引用終わり

今年も皆様に素敵なご縁が紡がれますように!
  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。