• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

溜飲

北海道で行方不明になっていた男の子が無事で本当に良かったです。


他人事ではないくらい心配しました。

相当なやんちゃ坊主なようでご両親も手を焼いていた様子。


今回の出来事をきっかけに家族の絆が深まってくれればと祈っていましたが、発見のニュースで溜飲を下げました。

自衛隊の演習場ということでよくタマに当たらなかったなぁなんて思ってしまいましたが。


数日の大冒険は陸上自衛隊の訓練並み!

かなり自信がついたことでしょう(笑)。

これでやんちゃに拍車がかかるか、大人しくなるか、どちらでしょう。


しかし、今回一番修行をしたのはご両親でしたね。

しつけのつもりが、神様から親としての心構えを躾けられたのではないでしょうか。


今後のこの家族に幸多かれと祈りたいです。よかったよかった。
  1. 教育
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]
スポンサーサイト

オトナの学校:武井壮氏

皆さんも武井壮というタレントをご存知だと思いますが、「オトナの学校」という番組で、少年スポーツについて話しているところがとても共感できるものでした。

彼は元陸上競技選手。陸上競技・十種競技元日本チャンピオンです。

30分弱のものですがご興味をそそられましたらご覧になってください。

私もあと数回は観て学ばせてもらおうと思っています。

子どもの心身の成長を願うはずの親が、少年スポーツに熱中するあまり、子供の将来を不安定なものにしていないだろうかという部分ですが、これは受験つまり学歴主義に陥ってしまうことにも通じる問題ではないでしょうか。

私個人は最低限の礼儀と思いやりさえあれば、その子の自由にさせてあげたいと思っています。

自分自身は子供に教育しているつもりで、かえって子供の前に障害として立ち塞がってはいないだろうか、などと考えることがあります。

オトナの立場としては、生きるその姿を見せる事しかやることがないのではないでしょうか。

恥ずかしい、情けない姿だけは子供たちに見せたくないです。

こどもには熱い大人の後ろ姿を見せたいものです。

それでは、皆さま良い年をお迎えください。
  1. 教育
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

題がつけられない・・・。

柔道代表監督はそんなに偉いのか…陸上、水泳との比較で際立つ“異常性”

柔道ではこの問題とは別に五輪金メダリストの問題もありました。

空手が五輪種目の候補に挙がっているようですが論外で、私個人は柔道も五輪撤退してはなどと考えてしまいます。

試合を楽しみにしている人たちも居るでしょうからこのような意見は聞き入れられないことはわかった上での愚痴でありますが。

スポーツ選手の活躍を観戦して高揚感に浸るのは悪いことではありませんが、選手の試合場での見苦しい振る舞い等、柔道競技には大いに疑問を感じます。

武道性とは闘うことのみに限定した事柄を指す訳ではありませんから、柔道がもし武道を標ぼうするのであれば五輪に執着する必要もないのではと思います。

ただ、戦後にGHQに対してスポーツであることを明言してお目こぼしに預かったのが現代柔道ですから今更武道だと言って礼儀を重んじろと言ったところで耳を貸す人間がいるのでしょうかね。

ボクシングやレスリングで今回のような問題がもし起こったとしてもそれほど考えなかったと思いますが、柔道となるとかなり悔しい思いです。

IOCという団体がどういう成り立ちであるのか、競技化されたとはいえ武道団体であるならば慎重に参加不参加を検討してほしいものです。

IOCには、今回レスリングではなく柔道を外してほしいものでしたが、日本が強いレスリングが狙い撃ちされたということは実力的にも大いに柔道が軽んじられている結果ですかね。

実力的にというよりも日本の精神性がIOCに軽んじられて今日まで来たことに何の異論も差し挟まなかった武道団体とは武道団体と言ってよいものでしょうか。

  1. 教育
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

つぶやき

アルジェリアのテロ事件はとても悲しい結末を迎えてしまいました。

此の事件についてはまだコメント出来る段階ではないと思いますが。

海外で働いている方達は危険と隣り合わせで日々を送られているのでしょう。

無くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。




国内では大阪市長が部員が自殺した高校の体育系入試を行わないと発言しました。

これはいくらなんでも感情的ではないでしょうか。

教師の資質の問題、そして学校の姿勢に対しては別の形で対処するべきだと思います。


一方で麻生財務相が公務員の給与削減という発言をしていますが、これも政府支出をこれ以上削って大丈夫かと疑ってしまう発言です。

民間に対して申し訳ないというような空気でもあるのでしょうか。

民間の給与を上げるためのアベノミクスであると私は理解していますので、余計な気は使わずにいて頂きたいものです。

せっかくの麻生節も台無しであります。




大阪の入試の問題にしろ公務員の削減にしろ感情的に手を突っ込んで欲しく無いものです。

何もこれは政治家に限った話ではないと思いますが、皆様はどうお考えでしょうか。



  1. 教育
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

親のつとめ

暫くブログの更新を怠っておりました。

六月あたりから何故か自分の内面にかなり大きな変化が起こり、他人と対話し辛いような期間が続きました。

今まで意識せずに産土神社として玉縄幼稚園隣の諏訪神社に参拝しておりましたが、北条早雲から始まる後北条氏が勧請したことを知ってから、参拝時の心構えが変わったことが理由なのかも知れません。

理由になっていないと受け取られるでしょうがそれしか理由が見つからないのです。

玉縄城の歴史や北条氏康のことを詳しく知ったのは昨年でした。

私の日下流手裏剣の師匠からお聞きしたのです。

不思議な巡り合わせで今年10月~11月 玉縄城築城500年祭がおこなわれています。

ここ鎌倉も大きな歴史的転換期に来ているのかもしれません。

先日は自民党総裁選が行なわれましたが、まさかの安倍氏が見事に勝利を飾ってくれました。

民主党の政権交代の次は自民党に戻るだけ?という批判的な見方もありますが、今回は得体の知れない大きな力が働いているような気がします。

つい最近「ガイアの法則」という本を見つけて読みました。

詳しくはいずれエントリーさせて頂こうと思っていますが、簡単に申しますと文明は東に22.5度(360÷16)1611年ごとに移動するというものです。

そして、800年ごと180度の反転を繰り返し、現在の移動先は1995年、東経135度。

淡路島の有る地域で日本の時間の基準になっているところ。

つまり日本のど真ん中に位置する場所が世界の文明の中心に800年間なるというものです。

「とんでも本」の類いだと思う人も多いと思いますが、私は信じたいのです。

何かが変わり始めているように思います。

ですから我々はもちろんですが今のこどもたちは大きな役割を担っています。

以前からこのブログでも私は書いてきましたが、どうやら本当に今の日本人が世界に文化を発信する機会が訪れそうです。

ですから日本の日本人としての教育、子育ては最も大切な仕事の一つであることは間違いないのです。

今のこども達が世界の飢餓や紛争を収める力を与えられるのです。

素晴らしいことです。

こども達には自信を持って生き抜く力を与える事が親や指導者の役目だと思います。




  1. 教育
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

「こどものための教育勅語」動画

週一ペースで更新すると書いておきながらはかどらないブログで申し訳ないです。

オマケに逗子のマルエツの話題に三拍手も頂いてしまって・・・何処のどなたか存じ上げませんがありがとうございます。

手裏剣修行の泥沼から辛うじて脱したと思ったのですが、自分の形と基本をHSムービーで撮影して点検したところ如何に自分が思うところとかい離した動きをしていたかが浮き彫りになってしまいまして、今度は空手の修行を一からやり直しであります。

私憤と公憤は違うとは言いながら、自分の一番力を入れなければならない所で自身の至らなさを思い知らされる毎日で、とてもとても政治家の悪口を言うまで手が回らなくなってしまいました。

しかしこのままでは自分自身に対する愚痴ブログになってしまいますので、なるべく早いうちに気持ちを新たに悪い奴らを斬っていこうとも考えております。

そうでなくては次の時代を担う子供たちに申し訳ないですからね。

ではお口直しに「こどものための教育勅語」をどうぞ!


  1. 教育
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

社会正義

企業の正義企業の正義
(2006/06)
中條 高徳

商品詳細を見る

政治ブログを検索しているうちに「アサヒビールを飲むアナタは歴史の歪曲者!」という見出しが眼にとまりました。

福地茂雄というアサヒビール会長・相談役がNHK相談役になり「ジャパンデビュー」という捏造番組を肯定する立場をとっていたことから「歴史の歪曲」は当たり前のアサヒビールだと思いきや、今回騒いでいるのは韓国でした。

事実はアサヒビールの名誉顧問・中條高徳氏が「靖国神社を参拝しない政治家は国政に参加する資格は無い」と発言したことから韓国でアサヒビールの不買運動を起こそうとネットに書き込みが相次いだというもの。

韓国に対しての評価は敢えて置いておきましょう。言っても仕方無さそうですから。

渡部昇一氏と共著まで出されているのに、私はこの中條氏の事を知りませんでした。

大企業の悪口ばかり書いてきましたが、こんな立派な方もいらっしゃるのかと嬉しくなりました。

他にもどこぞの企業でこのような志をお持ちの方がいらっしゃるのでしょう。

日本もまだまだ捨てたもんじゃありません!

今回、韓国が騒いでくれたおかげでまた立派な方を知る機会になりました。

ありがたいことです。

さて、石原都知事がパチンコ屋と自動販売機の電力消費量の多さを問題にしたことから物議をかもしているようです。

パチンコ産業については以前から問題視される部分が多いことから擁護論は論外です。

問題となっているのは自動販売機。

この擁護論は主に二つ。

一日のうちでもっとも電力消費が多いとされる午後の時間帯には電源を落としているというのがまず一つ。

もうひとつが蓮舫氏がいう清涼飲料水の売り上げの問題。

つまりは財源。メーカー側から年貢の取り立てが出来るというもの。

しかし、堤防や危機の際の備蓄米や塩を削っておいて自動販売機は現状維持でイケとはどういう感覚なのでしょうか。

政治家の話にいちいち目くじらを立てていても埒が明かないので止めますが、そろそろ日本人も生活態度を改める好い機会なのではないでしょうか。

たぶん国民レベルでは理解は早いのではないかと思います。

いざという時の備えを無駄なものだと切り捨てて、その場では楽出来そうなものにのみ意識を向けると後々大変だぞ!とはイソップ物語の「アリとキリギリス」の話で皆知っている筈ですが、それでも欲の深い連中は総括無しのキリギリス。

この「アリとキリギリス」の本当のお話ではキリギリスはアリに喰われて哀れな最後を遂げます。

社会正義の志を失った経営者や政治家は難しい法律を学ぶ前に童話から学んでほしいと思います。

どれだけ能力があっても自分自身の欲の為だけに人生を突っ走るほど哀れな生き方は無いと思うのは私だけでしょうか。

志ある人間を一人でも多く世の中に送り出す為に我々は子供たちに対する影響を第一に考えたいものです。

子供達には良書を沢山読み聞かせしたいですね。



  1. 教育
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。