• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

青汁さん

銀座まるかんの代理店あや美容室(湘南台)に行ってまいりました。

青汁とゴットハートというクリームを買ってきたのですが、夜中にかゆがって眠れないといっていた中二の息子は青汁をコップ二杯飲んだだけで治ってしまいました。

一回分が二百円する青汁ですが確かに聞きます。

アトピーなどでご苦労なさっている方は一度『まるかん』さんを試してみては如何でしょう。

  1. 健康
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]
スポンサーサイト

40時間断食

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 イ○ンのT○PVALUは生産国がラベルに表示してありません・イオンが7-11の表示に逆切れ抗議

しばらく政治ブログは見ていませんでしたが、世の中はあまり変わっていませんな。

イオンは朝の小学生向け番組などでも盛んに宣伝していますから、小さいお子さんをお持ちのお母さん方はイオンで買い物をする機会が多いのではないでしょうか。

産地偽装や隠ぺいには気を付けたいものです。

さて、前回粗食は運をよくするというお話をさせて頂きましたが、個人的な実感として嘘ではないなと思えることがいろいろ私の周りでは起こってまいりました。

しかし、間違っても中国・韓国産を食えば粗食だろうなどと考えないで頂きたい。

私事で恐縮ですが、二度ほど一日断食を試してみました。

断食はその日数により断食前の減食期と断食後の復食期を設定して行います。

減食と復食は断食の日数と同じにしますので今回は、減食一日、断食一日、そして復食一日と三日間を費やしました。

ヨガのやり方に正しく従えば減食日は朝と昼に御粥で夜は抜きます。

復食日は朝と晩が御粥で、そのほかはとりません。

一度目の断食では復食日の朝にとった御粥が腹に重くて体が動かなくなってしまいました。

そこで二度目の挑戦では朝はとらず昼にパンを一枚とりましたが、私にはこの方が楽でした。

たった一日の断食を二週にわたり繰り返した訳ですが、肉体的にも精神的にも面白い変化は色々と自覚できました。

私は料理など作ったことはないのですが昨日二度目のお好み焼きを作ってみました。

息子の食わず嫌いや肌荒れを直してやりたいとは思っていたのですが実際に自分で作るなんて、いや作れるなんて素晴らしいと思いました。

料理好きなお父さん達には「なんだ、そんなことか」と笑われそうですが。

しかし料理を喜んで食べてもらえるってなんて幸せなんでしょう。

主婦って素晴らしい仕事ですね。

しかし、私の場合は作らないということが前提にあったので今、息子にありがたががられているのですが、これが当たり前になって感謝もされないようになったらさぞかし腹立たしいことだと思います。

毎回毎回斬新な料理を提供するのは至難の業であります。

主婦層の不満はこんなところにあるのでしょうか。

さて、料理人?となった私はやはり素材にこだわりたい訳ですが、それが生産地を隠して売っているような店だったらどうでしょう。

なんせ中国産の輸入量とアトピー患者の増加は比例しているそうです。

子供が生まれる前に知らずに食べていたかもしれないのです。

気を付けたいものです。

断食の話は料理で終わりかよ、と思われてしまいそうですのでまたチャレンジを繰り返すつもりです。

こだわらなくてもよいことに如何に自分がこだわっていて、こだわらなくてはならないことにいい加減だったなんてことが分かりますよ、断食は。
  1. 健康
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

本当に危険なもの

私の知人に某省のお役人がおりますが、この人の口癖の一つが「中小企業のオヤジ」。

つまりインテリジェンスの無い下品な奴という意味で言いたい訳・・・らしいのです。

中小どころか零細有限会社のオヤジである私は、この言葉を聞くたびに不愉快な思いをしたものでした。

しかし今回の震災で東電の体質が明らかになる中で結局大手を支えてきたのはこの「中小企業のオヤジ」達だという事が明白になったのではないでしょうか。

下請けに無理を強いて成り立っているような国では経済大国が聞いて呆れます。

親会社には叩かれ、官僚どもには見下され、それでも仕事一筋で打ち込んできた「中小企業のオヤジ」達がこの国を支えているのです。

これは会社の中でも同様で、散々部下に無理を強いて自分だけ栄転して行った上司の話を先日友人から聞かされましたが、実際に手足を動かした部下達は何一つ恩恵を受けなかったというこの話を聞いたときは人ごとながら腹が立ちました。

こんな話は皆さんの身近にたくさん転がっているのかも知れませんねぇ。

さて、原発の影響で放射能を気にする人が多い昨今ではありますが、騒ぎ過ぎではないでしょうか。

大体福島で生活している方達、そして活動していらっしゃる方達に騒いでいては申し訳ないと思ってしまいます。

宇宙飛行士は今回の原発の放射能漏れと比較にならない程の放射能を浴びているのに、宇宙飛行士に憧れている子供たちに被曝の危険があるからやめておけなどと言う人はいません。

海外出張で飛行機に乗る機会が多い人も要注意などとも言われません。

人間は結構強いので大丈夫。

しかし次のものには注意しましょう。

支那野菜と韓国の水が日本へ緊急輸出!・豚100頭が突然死した上海市奉賢区の検疫局は日本へ緊急輸出のキャベツを特別扱いで検査を速やかに通した・口蹄疫生き埋め死骸で地下水汚染の韓国から日本コカが水100万ケース緊急輸入#comment
  1. 健康
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

食の崩壊 健康という・・・嘘

新・食生活常識 デオキシィ〈2007〉だれも知らない食の崩壊新・食生活常識 デオキシィ〈2007〉だれも知らない食の崩壊
(2006/10)
石井 滋

商品詳細を見る


家族の健康を願う方ならば読んでおいて損は無い一冊です。

ポリリン酸という物質は自然界に存在するものであるが故に添加物表示されていない事に警鐘を鳴らしています。

生鮮食品の鮮度を保つために添加されていたり、農薬の代わりに使われるものだそうですが、その所為で食品本来の栄養素を無くしてしまいます。

ですから無農薬とか無添加と表示されていても良いものと判断する訳にはいかないという訳です。

そこで、味噌や醤油、そしてグレープシードオイルなどを工夫して料理に利用することによって栄養を効率良く吸収することを勧めています。

グレープシードオイルとはワインをつくる為に育てられた葡萄から採れるオイルだそうですが、果物として販売されている葡萄と違い、ワイン製造用の葡萄は古くからの栽培法を護って育てられているので栄養価が高いのだそうです。

また著者は、このグレープシードオイルとココナッツオイル、米油をかけ合わせる事によってより栄養価の高いオイルを開発し販売しています。

それがデオキシオイルというものですが、一般に出回っている健康食品に比べるとかなり手頃な値段で効果的。

しかも用途が沢山あるので重宝します。

実は一年半位前から私も試しているのですが、効きます!

詳しくはアマゾンのレビューもしくは著者のサイトでご覧下さい。

自信を持ってお勧めできる健康オイルと醤油などなど。

但し、炭火焼の装置は電気代をかなり食うそうですからご注意ください。

デオキシオイル <株式会社CBのホームページ>



  1. 健康
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

爺力

ヤマブドウで命つなぎ自力で下山 71歳男性、遭難から1週間後 - MSN産経ニュース


武道家として私はスーパー爺さんを志している者でありますが、この記事には驚きました。

映画のランボーを彷彿させる爺様でございますな。

草食系男子などと言われている若い人たちも是非とも見習って頂きたいと思います。
ランボー スペシャル・エディション [DVD]ランボー スペシャル・エディション [DVD]
(2009/02/04)
シルヴェスター・スタローンリチャード・クレンナ

商品詳細を見る

  1. 健康
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

日米医療制度の比較

ゴッドハンド輝 DVD-BOXゴッドハンド輝 DVD-BOX
(2009/09/02)
平岡祐太水川あさみ

商品詳細を見る

“ヴァルハラ=神々の座す処”と呼ばれる名医ぞろいの安田記念病院で主人公「輝」の奮闘記です。

私は泣けて泣けてたまりませんでした。全部で6話しかないので、続編を期待して待っているところです。本当にどの役者さんも好い味出してます。お見事!

息子の扁桃腺を手術してくれたお医者さんもカッコ良かったですけど(これは個人的な話)、このドラマのお医者さん達はカッコイイ!!

5話・6話は、アメリカの医療と日本の医療現場の比較が見れるのでタイムリーな話題です。

実際の日米の医療制度の違いはこちらの↓ブログでご覧ください。

盲腸手術入院費用250万円の国|新世紀のビッグブラザーへ blog

ブログから一部引用します。
『実は、アメリカのヘルスケアの問題は、単純に無保険者が多いことではありません。むしろ、医療費が異様なまでに膨れ上がっている方が、圧倒的に重い問題なのです。

 アメリカの医療費は患者に提供した医療サービスの積み上げ方式で決まり、報酬上限もありません。すなわち、患者に医療サービスを提供すればするほど、病院の報酬は跳ね上がっていくわけです。』


『要するに被保険者が医療サービスを受け、保険金の支払いを保険会社に請求した際に、「できるだけ支払い額を抑えるよう」に、保険契約にあれやこれや、様々な条件を入れているのです。しかも、保険金支払いまでの手続きをとんでもなく煩雑化し、かつ保険会社ごとにバラバラにしてあります。

 結果、保険に加入していたにも関わらず、医療費を全額自己負担させられ、破産するアメリカ人が続出しています。何しろ、アメリカの医療費用は半端なく高いので、一度病気になるだけで軽々と破産できるのです。』
以上引用終わり


ぼったくりバーどころの話ではありません!まず金額の桁が違います。
助けてくれる筈だった保険会社までが。
アメリカ人はタフです。軟弱日本人は学ばねばなりません!


さて、今更ですが組閣がなされました・・・。
彼らにとってのこの世の春ですが、この春・・・長続きして欲しくないなぁ。

と思うのは私だけでしょうか。



  1. 健康
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

AED

最近はあちこちで地震の予兆が出ているそうで。

備えあれば憂いなしといきたいものです。

AEDの講習会動画を見つけましたので掲載します。

さて、鳩山氏は14日に韓流俳優と会談し、「李王朝のような政治をしたい」と思い切り韓国にこびへつらう態度を示したそうで。

元総理の安倍晋三氏の奥さまも韓流ファンだそうで韓国との交流に一役買ったとのこと。
やれやれです。

韓国が悪いということではなく、外交問題を抱えるリーダーの態度として如何なものかということです。

民主党の思惑通りにすべて事が運ぶとも思えませんが、大きな歴史的分水嶺に立たされているのかも知れません。

人心が揺らいでいる時には歴史上、天変地異の記録が多く残されており、同時に伝染病も流行っています。

気をつけるに越したことはありません。

ご家庭でも飲み水などの確保や非常食も少し揃えてみては如何でしょうか。

もう実践されているご家庭も多いかも知れませんが。



  1. 健康
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。