• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

東巌社


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スライヴ

友人に勧められて観てみたのですが、興味深い内容でした。

賛否両論あるとは思いますが、陰謀論的に取り上げる向きもあるかも知れませんが、これからの世の中は簡単にはいかないにしても素晴らしい展開が待っているような気がする、そんな映画でした。

生徒と約束をしたので取り急ぎですが貼り付けておきます。

  1. 映画紹介
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]
スポンサーサイト

アイアン・スカイ

アイアン・スカイという映画をご存知でしょうか。

現在はオーストラリア(オーストリアではなく)に撮影場所を移して制作されているらしいドイツの映画であります。

第三帝国が空飛ぶ円盤をつくり実験を繰り返していたと、以前落合信彦氏の著書で読んだことがありました。

映画はこの第三帝国の部隊が円盤に乗り宇宙に基地をつくり現代の地球に捲土重来を図って飛来する!

と多分こんな設定になっているようです。

現実の映画製作には募金で八億円を集め、制作に取り掛かったそうです。

映画の主人公たちが今の「地球市民」達をどうとらえているかとても興味をひかれます。

そして終戦をどうとらえているのでしょう。

条約を破棄してソ連に侵攻したドイツですから、日本が終戦になってからソ連に侵攻された事には同情してくれないでしょうし、「それが戦争だよ」と言われるだけでしょうな。

そして今の日本を見て「こんな国と同盟なんてむすぶんじゃなかったなぁ・・・。」

予告編をどうぞ。

  1. 映画紹介
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。